安くスペイン語が習える町にいるメキシコのお母さんの話

アメリカ大陸を縦断中、
安くスペイン語が習えるメキシコの町に
2ヶ月ほど滞在していました。

泊まっていた宿には
宿を取り締まるお母さんのような人がいて、
よくメキシコ料理を教えてくれて
一緒に作って食べました。

ロサという、スペイン語でバラの意の名前をもつ
その人はとても可愛らしい人で、
チェスがとっても上手で、
私の一番身近なスペイン語とチェスの先生でした。

彼女の子どもたちは巣立って1人暮らしの彼女は、
家で一人でいるよりここが好きなの、と話し
毎日宿にきて宿のみんなと話したり
ごはんを作ったりします。

色んなお世話をしてくれたお礼に、
日本風カレーを作ろう!
と泊まっていた人と一緒につくったのですが・・。

カレールーって素晴らしい、と分かりました。
カレー粉はあってもカレールーのないメキシコです。
あの手この手で色々スパイスを入れたり果物を加えたり・・・
半日かけてようやくそれらしい味になりました。

多分彼女はほとんどカレーを食べたことがなかったと思います。
でもどのカレーよりも美味しいって言ってくれて、
あぁ嬉しいなあと。

宿を離れるときに一番寂しく感じたのはロサと離れることでした。
みんな、彼女より年上の人だって
ロサには甘えてしまう、
みんなのメキシコのお母さんです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイ最北の町メーホーソンでバイクツアー

グアテマラの「世界で最も美しい湖」といわれるアティトラン湖畔の宿

関連記事

  1. 容赦なく笑かしてくるメキシコ一の国立人類学博物館

    容赦なく笑かしてくるメキシコ一の国立人類学博物館メキシコ各地の遺跡から全…

  2. 五感が鋭くなる簡単な方法

    ガラパゴス諸島に着いて、とうとうカメラが壊れました。それからカメラを通してでなく、 自分…

  3. アメリカンハイウェイをレンタカーで走る

    アメリカンハイウェイをレンタカーで走るアメリカで初レンタカーを一人で借りて、モニュメントバレ…

  4. メキシコで出会ったカッコいい生き方をする初老の女性

    メキシコで出会ったカッコいい生き方をする初老の女性メキシコ芸術の町、サン…

  5. メキシコの「青い水」が「茶色の水」だった話

    メキシコの「青い水」という名の滝が「茶色の水」に変化するとき”アグアアスル”(青い水)という…

  6. ニューヨークラッパーが地下鉄で人を励ましていく話

    ニューヨークのラッパーが地下鉄で人を励ましていく旅を長く続けていても、次の街へ移動するときい…

  7. イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました

    イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました私たちにと…

  8. 「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

    ラスベガスのグレイハウンドバスのバスディーポ(待合場所)は、あまり大きくありません。アメリカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP