インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」

私が台湾の台北で働いているとき、
来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。

彼はアメリカのシアトルにある日本寺にて修行中で、
台北に来たのは楽器を習う目的があったそうです。

 

彼の楽器はインドの太鼓で、
太鼓の先生は台北に住む日本人でした。
シアトルのお寺の住職も日本人だといいます。

 

不思議な縁がある彼との会話は興味深くとても楽しいです。

「6 of blind men.」(the blind men and the elephant)

目の見えない6人が象の一部を触ります。
そのあと6人で話し合います。

「象とは何か?」

1人は象とは「鼻だ」と言い、
1人は「しっぽだ」と言い
1人は「足だ」と言い・・・

みんな同じ象を触ったのに違うことを言います。

「そこでFightしなかったらいいのに。」と私が言ったら
「それが人間だよ。」と彼は言いました。

「この世に一つの思考と一つの教え、考え(宗教)だと
面白くない、それは不可能だ。

人間はみな違うのだから、
一人ひとりの、自分が良いと思う教えを
学んでいけばいい。」

と話してくれました。

 

みんな違った経験や文化から
ユニークなものごとの見方をするのだから、面白い。
本当にそうだと思います。

視点を高くして相手の視野も見れるようになったら、
きっとたくさんのことを受け入れられると思いました。

もっと色んな経験をして世界を理解したいなぁと思います。

 

写真はシアトルの町の様子です。
マンゴーを1ドルで売るマーケットのおねーさんたちは
子どもが来たらなぜかお芝居をしだします。
スターバックス1号店はいつも大繁盛でした。
シアトルから日帰りで行けるマウントレニエ国立公園は
標高4392m。
27つの氷河が残り、夏でも雪に触れられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

関連記事

  1. バスの中で雨が降るデスロードの夜 in ボリビア  

    アメリカ大陸を縦断し始めたころ、アメリカを2ヶ月ほどグレイハウンドバスで回っていました。そしてア…

  2. インド旅行の必需品!現地で調達できる物と日本から持っていくべき物…

    「そうだ、インドに行こう!」なんて思い立ってふらっと行ける人はかなり少なさそうな国、インドで…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く5「”嫌いな人に5回笑いかける。”これも愛。…

  4. 怒って叫ぶ人を優しい人に変えたメガネの話

    中国雲南省の南から昆明へ戻るとき、寝台バスを利用しました。山道を駆けていくバスドライバーのおじさ…

  5. 台湾一周自転旅あるある

    台湾を自転車で一周中あるある。うんしょうんしょと頑張る私の横を大…

  6. 制限することが「自由」をつくる

    インドやネパールに「サドゥ」というヒンドゥー教の苦行僧のような、仙人のような生き方をする人た…

  7. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く3「痛みを伴うならそれが愛である…

  8. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP