インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」

私が台湾の台北で働いているとき、
来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。

彼はアメリカのシアトルにある日本寺にて修行中で、
台北に来たのは楽器を習う目的があったそうです。

 

彼の楽器はインドの太鼓で、
太鼓の先生は台北に住む日本人でした。
シアトルのお寺の住職も日本人だといいます。

 

不思議な縁がある彼との会話は興味深くとても楽しいです。

「6 of blind men.」(the blind men and the elephant)

目の見えない6人が象の一部を触ります。
そのあと6人で話し合います。

「象とは何か?」

1人は象とは「鼻だ」と言い、
1人は「しっぽだ」と言い
1人は「足だ」と言い・・・

みんな同じ象を触ったのに違うことを言います。

「そこでFightしなかったらいいのに。」と私が言ったら
「それが人間だよ。」と彼は言いました。

「この世に一つの思考と一つの教え、考え(宗教)だと
面白くない、それは不可能だ。

人間はみな違うのだから、
一人ひとりの、自分が良いと思う教えを
学んでいけばいい。」

と話してくれました。

 

みんな違った経験や文化から
ユニークなものごとの見方をするのだから、面白い。
本当にそうだと思います。

視点を高くして相手の視野も見れるようになったら、
きっとたくさんのことを受け入れられると思いました。

もっと色んな経験をして世界を理解したいなぁと思います。

 

写真はシアトルの町の様子です。
マンゴーを1ドルで売るマーケットのおねーさんたちは
子どもが来たらなぜかお芝居をしだします。
スターバックス1号店はいつも大繁盛でした。
シアトルから日帰りで行けるマウントレニエ国立公園は
標高4392m。
27つの氷河が残り、夏でも雪に触れられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

関連記事

  1. 台湾の山奥に1人で10年以上住んでいるアメリカ人

    台湾の山奥に1人で10年以上住んでいる人に会いに行きました。地元のタクシー運転手が迷いながら泣き…

  2. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

  3. インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6

    インドのマザーハウスのシスターが愛を説く6「小さなことに、大きな愛をこめる。」&…

  4. スペインから4年間半かけてベトナムのハノイに着いたチャリダーの話…

    私がまだ旅人2年目のとき、ベトナムのハノイでスペインから自転車で4年半かけてハノイまでや…

  5. 無知だからこそ不安を感じず未来に進む

    無知の力は未来への不安をなくし進ませる好奇心のまま旅先を決めてそこへたど…

  6. インドとネパール国境の人懐こい人たち

    インドとネパールの国境近くの家壁に絵を書く村インドとネパールの国境あたりにミティラアート…

  7. 旅人にできる大事なこと

    中国で日本に対するデモが起こっているとニュースで報道されているとき、私は中国にいました。日本…

  8. アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

    アンコールワット遺跡群を数日かけて見回っているとき、遺跡の近くで子どもたちがおもちゃやハガキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP