インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」

私が台湾の台北で働いているとき、
来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。

彼はアメリカのシアトルにある日本寺にて修行中で、
台北に来たのは楽器を習う目的があったそうです。

 

彼の楽器はインドの太鼓で、
太鼓の先生は台北に住む日本人でした。
シアトルのお寺の住職も日本人だといいます。

 

不思議な縁がある彼との会話は興味深くとても楽しいです。

「6 of blind men.」(the blind men and the elephant)

目の見えない6人が象の一部を触ります。
そのあと6人で話し合います。

「象とは何か?」

1人は象とは「鼻だ」と言い、
1人は「しっぽだ」と言い
1人は「足だ」と言い・・・

みんな同じ象を触ったのに違うことを言います。

「そこでFightしなかったらいいのに。」と私が言ったら
「それが人間だよ。」と彼は言いました。

「この世に一つの思考と一つの教え、考え(宗教)だと
面白くない、それは不可能だ。

人間はみな違うのだから、
一人ひとりの、自分が良いと思う教えを
学んでいけばいい。」

と話してくれました。

 

みんな違った経験や文化から
ユニークなものごとの見方をするのだから、面白い。
本当にそうだと思います。

視点を高くして相手の視野も見れるようになったら、
きっとたくさんのことを受け入れられると思いました。

もっと色んな経験をして世界を理解したいなぁと思います。

 

写真はシアトルの町の様子です。
マンゴーを1ドルで売るマーケットのおねーさんたちは
子どもが来たらなぜかお芝居をしだします。
スターバックス1号店はいつも大繁盛でした。
シアトルから日帰りで行けるマウントレニエ国立公園は
標高4392m。
27つの氷河が残り、夏でも雪に触れられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

インド人のお坊さんがしてくれた心を開く話

関連記事

  1. 中国警察の動きが鈍くなるとき in 真冬のチベット

    中国警察の動きが鈍くなるとき  in  真冬のチベット東チベットのセルタ…

  2. グアテマラの「世界で最も美しい湖」といわれるアティトラン湖畔の宿…

    中米を南下中、グアテマラにある「世界で最も美しい湖」といわれるアティトラン湖に寄りました。…

  3. ニューヨークの優しい野外テント教会。

    ニューヨークの優しい野外テント教会。NYの夕方、ハーレム地区の道端のバスケットコートに建てた…

  4. 「しょうがない」を受け入れると快適になる

    「しょうがない」を受け入れると快適になる窓を閉めても閉めても開いていく(ネパール)のと、…

  5. インド・バラナシではクラクションボタンを押さえっぱなしで運転する…

    インドのバラナシの道路は人・車・リキシャ・動物がひしめきクラクションは重なり途切れることはありま…

  6. 私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由

    私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由レンタカー…

  7. インドの列車旅あるある。

    インドの列車旅あるあるインドで列車を待つ。ひたすら待つ。人が多い。私の席(寝…

  8. ものごいから貰うもの in カンボジア

    ものごいから貰うもの  in  カンボジアカンボジアのキリングフィールドにいた3人のこどもた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP