アメリカ旅行に必要なESTAとは?申請方法と入国時の注意点

アメリカは渡航する人が犯罪やテロなどを起こす危険人物でないか渡航前にチェックをします。

それがESTA : Electronic System for Travel Authorization

日本語で『電子渡航認証システム』といいます。

空港でも割と時間をかけてチェックをしますが、
渡航前にもインターネット上でチェックするんですね。
さすがアメリカ、チェックが厳しい・・・。
と思われるかもですが、ビザを持たずに渡航ができるのでむしろ早いし便利だと感じました。

今回はESTAの申請方法と、アメリカ入国時に心得ておくとスムーズに入国しやすくなるコツをお伝えします。

申請方法

 

実はESTAは渡航であればいつでも申請ができます。
申請期限は特に決められていません。
一度承認されると2年間有効で、その2年間の間は何度でも渡航できます。
もしパスポートの有効期限が2年以内に切れる場合は、パスポートの有効期限まで何度でも渡航できます。

インターネット上で申請して、わりとすぐに認証されるので渡航の直前に申請することもできます。
ただし回答が保留(Pending)されることもあり、この場合は72時間以内に最終回答がされるので、遅くとも渡航の72時間前までに申請することが推奨されています。 

申請時に14ドルが必要で、クレジットカードかペイパルで支払います。
もし認証を拒否された場合は、このうち4ドルのみが請求されます。

 

ハワイやグアムやアラスカとかでもESTAはいるの?

 

はい。
ただし滞在期間やどの島に行くかによって違います。

①滞在期間:90日以内
渡航先:アメリカ本土・アラスカ・ハワイ・グアム島・
北マリアナ諸島連邦(サイパン島・ロタ島など)
プエルトリコ・バージン諸島
②滞在期間:45日以内
渡航先:グアム島・北マリアナ諸島連邦(サイパン島・ロタ島など)のみ

 

①に当てはまるとESTAの認証が必要ですが、②の場合はESTAが不要です。
限定した島で滞在期間が短い場合はチェックの緩和がされるんですね。

 

ESTAを取れば安心して入国できる?

 

もちろん!と言いたいところなのですが・・・

このESTAの認証を受けていても、入国できるかどうかの最終的な判断は空港やアメリカ入国地での移民審査官が行います。

 

ESTAの認証受けたし大丈夫! と思っても怪しい動きをしていると荷物を全部チェックされたり詳しく話を聞かれたりとしますので、堂々とアメリカに来た目的を移民審査官に言えるようにしておいた方がいいですね。

例:To visit my friends!(友達を訪れるためです)/  For sightseeing.  (観光です)

それからどのくらい滞在するのかも聞かれるので、細かくでなくても簡単に答えられるようにしておくといきなり聞かれても慌てずにすみますね。

例:One week. /  Two weeks.

アメリカは入国するときはチェックが厳しいのですが、出国するときは特にチェックがないので、
とりあえず入国時に聞かれることを覚えておけば大丈夫です。

 

失敗例

 

移民審査官によると思うのですが、ある日本人の男の子が

what is the problem?(どうしたの?何がそんなに問題なの?)

と言ったら審査官の顔が少し険しくなり・・・
30分ほど調べられたそうです。。

調べられるときは「どうぞ見てください」という気持ちで審査官にバックを渡します。
なんならこちらからカバンを開けて審査官の仕事のお手伝いをする勢いです。
そうすると数秒でオッケーがでます。

やましいことは何もありませんよ、とぼーっとしていてもいい感じにサラッと検査が終わります。

心配したりオドオドしたりしないこと。
これが一番スムーズに進むコツですね。
それでは安全で楽しい良い旅を!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北極圏にある雪の女王の国 in ノルウェー

アンコールワットの子どもと朝日と夕日と遺跡

関連記事

  1. 5年前の311の時、エクアドルの空港で祈りを捧げられました。

    311の時にもらった想い5年前の311の日、私は夜行バスでチリとペルーの国境近くに到着しまし…

  2. アメリカ南部のロズウェルで宇宙人のホルマリン漬けを見る

    アメリカ南部のロズウェルで宇宙人のホルマリン漬けを見る街にはさりげなく、かつ色々なところにエ…

  3. グアテマラの「世界で最も美しい湖」といわれるアティトラン湖畔の宿…

    中米を南下中、グアテマラにある「世界で最も美しい湖」といわれるアティトラン湖に寄りました。…

  4. スペイン語で挨拶とかオーダーとかができると本当に楽しいよ!語録集…

    世界20ヵ国以上で使われるスペイン語を使って楽しもう!アメリカ大陸を縦断…

  5. ニューヨークの優しい野外テント教会。

    ニューヨークの優しい野外テント教会。NYの夕方、ハーレム地区の道端のバスケットコートに建てた…

  6. イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました

    イエローストーンの温泉の美しさに飛び込みたい衝動に駆られました私たちにと…

  7. 「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

    ラスベガスのグレイハウンドバスのバスディーポ(待合場所)は、あまり大きくありません。アメリカ…

  8. インド人の僧「人は正しいと信じた部分を見る、という盲人と象の話」…

    私が台湾の台北で働いているとき、来年高野山に修行をしにいくのだというインド人に出会いました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP