私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由

私がヒッチハイクをしなくても「車に乗りなよ!」と助けられる理由

 

レンタカーでアメリカを走っていると、
カウボーイ姿の男性がヒッチハイクをしているのを
時々見かけます。

 

私はほとんどヒッチハイクをしたことがありませんが、時々
(特に急いでいたり遠かったり、ヘルプが欲しい時)
車が私の横につき、乗っていくよう声をかけられます。

 

大体が緊急を要しているときで、本当にありがたいのです。
救世主が現れた、と思ってしまいます。

 

ではなぜ声をかけられるのか、について考えてみました。

 

まず風貌や荷物の多さから、旅人であるとすぐに分かります。
背は平均身長より小さく、大きい荷物を持ち一人で歩いていて、
少しへんぴな所にいます。

 

・・・なぜ1人で少しへんぴなここに来たのか、
その理由が知りたい。ヘルプの意味も込めて。
小さいし危険もないだろう。・・・

・・・こんな感じでしょうか。

 

カウボーイ姿のヒッチハイカーを
大荷物を持って歩く小さい女性の旅人にして想像してみました。

 

・・・はい、私も声を掛けそうです。
顔や全身から急いでいるオーラを発していたらなおさらです。

 

なるほど、小さい体も時に大きく役立っているようです。

 

*ヒッチハイクする、される時、相手と1分ぐらい会話をして
その人が安全かどうか判断してから乗るか乗せるかを決めてください。
危険な可能性もありますので。

 

写真はアリゾナ州アンテロープキャニオンにて。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

芸術祭で無料のアートとごはんを楽しむ in メキシコ

「しょうがない」を受け入れると快適になる

関連記事

  1. 目の見えないギター弾きの旅人 in ボリビア

    目の見えないギター弾きの旅人  in  ボリビアいつもギターを背負ってい…

  2. アメリカンハイウェイをレンタカーで走る

    アメリカンハイウェイをレンタカーで走るアメリカで初レンタカーを一人で借りて、モニュメントバレ…

  3. アメリカ南部のロズウェルで宇宙人のホルマリン漬けを見る

    アメリカ南部のロズウェルで宇宙人のホルマリン漬けを見る街にはさりげなく、かつ色々なところにエ…

  4. 「自由な国アメリカ」と美しい街ソルトレイクシティ

    ラスベガスのグレイハウンドバスのバスディーポ(待合場所)は、あまり大きくありません。アメリカ…

  5. ニューヨークの優しい野外テント教会。

    ニューヨークの優しい野外テント教会。NYの夕方、ハーレム地区の道端のバスケットコートに建てた…

  6. バスの中で雨が降るデスロードの夜 in ボリビア  

    アメリカ大陸を縦断し始めたころ、アメリカを2ヶ月ほどグレイハウンドバスで回っていました。そしてア…

  7. メキシコの「青い水」が「茶色の水」だった話

    メキシコの「青い水」という名の滝が「茶色の水」に変化するとき”アグアアスル”(青い水)という…

  8. メキシコで出会ったカッコいい生き方をする初老の女性

    メキシコで出会ったカッコいい生き方をする初老の女性メキシコ芸術の町、サン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP